簡単なウェブサイトと小規模(数人~数十人)によるメールアドレスのご利用でしたら、共用サーバーでも運用上の不便は生じないかと思われます。

それ以上の規模であったり、ある程度の作り込みを行ったウェブサイトを制作される場合、カスタマイズが可能で容量も大きなVPSのご利用をお勧めします。Future Storageも、VPSからご利用可能です。

会員機能やEC機能といった本格的なウェブシステムの開発・運営を計画中でしたら、専用サーバーのご利用をお勧めします。

複数台のサーバーで構成するシステム向けのITインフラご提供についても、お気軽にご相談下さい。


共用サーバー、専用サーバー、VPSの間でウェブサイトの移行を行うことは、基本的には可能ですが、詳しくはウェブサイト制作会社様にお問い合わせ下さい。各サーバーの仕様の違いから、移行が困難な場合もあります。


システムのご都合上複数のIPアドレスをご利用されたいお客様は、お気軽にお問い合わせ下さい。なお、VPSと専用サーバーは、標準でIPアドレスが付属しております。

ただ、タイにおいてIPアドレス(IPv4)は枯渇しつつあり、当社の在庫も減ってきております。在庫状況によっては、IPアドレスの追加のご要望にお応えできない場合がありますことをご容赦願います


はい、当社海外サーバーは、WordPressをインストールしてご利用頂くことができます。ただ、ご利用予定のPluginの中には動作確認が必要なものもございますので、お問い合わせ下さい。


当社タイサーバーは、バンコクから近い場所に位置するタイ国内通信キャリアのデータセンター内ラックに格納されております。日本の通信キャリアも利用する、高度な機能とセキュリティを備えたデータセンターを利用しております。


特にウェブサイトの改ざん、侵入リスクがご心配な方に対しては、WAF「攻撃遮断くん」をオプションとして実装することをご提案します。

攻撃遮断くんにつきましては、こちらのページをご覧下さい。


はい、フューチャースピリッツの日本法人との契約を通じて、現地で利用できるサーバーをご提供させて頂くこともできます。この場合円建てでのお支払いをお願いさせて頂きますが、価格についてはご相談下さい。また、各国現地固有のドメインは、現地法人がない場合提供が困難ですので、ご注意下さい。