menu

専用サーバー

1台のサーバーを1ユーザーで専用的に利用するサーバーです。一般的には、中・大規模でのメールサーバーやWEBサーバー、ファイルサーバーとして利用されています。

専用サーバーの特長

メリット

  • 自由度が高い

    1台のサーバーを1ユーザーで利用するため、OSの選択や、CPUやディスク領域の変更など、目的に合わせてカスタマイズが自由にできます。

  • 他のユーザの影響を受けない

    1台のサーバーを専用的に使えるので、他のユーザーがいません。そのため、共用サーバ・VPSサーバーと違い、他のユーザの影響を受けません。特に東南アジアでは、1台のサーバーで、かなり多くのユーザを詰め込むサーバー会社も多く見受けられます。その点、専用サーバにはその心配が一切ありませんので、安定利用には最適です。

デメリット

  • 費用が高い

    基本的に高スペックになりますし、1ユーザーで専用的にサーバーを利用しているため、コストもは高くなります。

  • 専門知識が必要

    メリットでお伝えした通り、VPS以上にカスタマイズが可能ですが、そのためには、どのような設定が必要なのか専門知識がある程度必要になってきます。
    ですが、下記のフルマネージドサービスにも記載している通り、基本的に管理はすべてお任せいただけますので、使用目的などを、お伝えいただければ、弊社から提案いたしますので、ご安心ください。

Future Spiritsの海外サーバー(専用サーバー)の強み

  • 24時間365日の監視体制
    24時間365日で監視をしておりますので、仮にお客様のサーバーにトラブルが発生した場合、迅速に必要な対応ができます。安心してご利用ください。
  • 多言語対応
    通常、海外のサーバー会社の対応は、ローカル言語もしくは英語で行われます。 そのため、日本人の責任者や現地人スタッフがトラブル時に、説明ができずに、解決までに多くの時間を費やすということは、よくあります。 そのような事例が多いため、多くの企業様が日本のサーバーを借りることもありますが、サーバー会社によっては、実は海外へのサポートがサービス範囲外ということで満足なサービスが受けられないこともあります。 弊社の海外拠点では、日本語に加え、英語・ローカル言語(マレー語/タイ語/ベトナム語/中国語)での対応が可能ですので、日本人従業員様でも現地人スタッフ様でも、スムーズに対応できます。
  • フルマネージドサービス
    通常オプションとして別請求になるようなセキュリティ監視や24時間365日の障害対応も、最初から含まれています。そのため、サーバー管理をすべてアウトソーシングできる点です。障害時にも、どこまでが無料対応かなど、線引きが必要ないため、迅速に対応できます。
弊社海外拠点(マレーシア/タイ)の専用サーバーに関しては、下記よりご確認ください。

その他のサービス

  • 共用サーバー複数のユーザーで、
    ひとつのサーバーを共有
  • VPS仮想的に専用サーバー同様の
    自由度・性能
  • ドメイン・SSL証明書ドメインもSSL証明書も
    取得・支払い代行から、その後の
    運用までサポートします。